手芸中

誰でも簡単に手芸を始められるキット選びは通販サイトがおすすめ

● SITE MAP ●

● INFORMATION ●

初めてのベビーグッズも手芸キットでラクラク手作り

布の帯

裁縫は初めてだけど、産まれてくる赤ちゃんの為にベビーグッズを作ってあげたい。最近はそんなママも増えているようですね。そんな時は手芸キットが便利です。
初めての方にとって作品ひとつ作るのに壁を感じる場面は意外と多いものです。例えば、作り方の本は1冊1,000円前後するけれど、そのうち自分で作りたいもの、作れそうなものは数点ほど。手芸店に行けば生地はたくさんあるけれど、どんな素材で必要な量はどれくらいか、気に入った生地をいくつか買ってみたけれど、組み合わせてみたら合わなかった等、簡単そうに見える材料選びに挫折して、作る前からヘトヘトになることもありますよね。手芸キットなら、初めてでも作りやすいスタイやオモチャから、慣れてきたら作りたいブルマなど種類も難易度も豊富で自分に合ったものが選べます。材料が多いベビー小物も、必要な物が必要な分だけ、レシピと一緒に手に入るので、探して揃える時間も、使い終わった後の材料が余るという点でもムダがありません。
また専門通販で購入がオススメです。手芸店でのキットはそのお店で売られている生地を使った物も多いですが、専門通販ではそのお店オリジナルや、素材へのこだわりなど選択の幅も広がります。
手芸キットを活用して、ママの思いもグッズも赤ちゃんに届けましょう。

小学校高学年におすすめの手芸キット

小学校高学年にもなってくると、選ぶ手芸キットのレベルも上がってきます。中には大人の入門としても使うことのできるものもあります。今回は、ある程度手先が器用な小学校の高学年くらいを対象にした手芸キットを紹介していきます。
まずはUVレジンです。UVレジンを使えばいろいろなデザインのアクセサリーが簡単に作ることができるので、大人でも趣味として作っている人もいます。子供用ならスターターセットとして売られているものもありますので、まずはそこからはじめてみてもいいでしょう。
次はぬいぐるみです。手芸キットでは、小さいながら一から布を縫い合わせてわたをつめてぬいぐるみを作るキットもあります。ぬいぐるみですので、販売されているキットはかなりおおめですので、専門通販で購入されることをおすすめします。このあたりになってくると、ずっと続けられる趣味にもなりうるものですので、積極的にお子さんにやらせてみてもいいのではないでしょうか。
最後はクロスステッチです。手芸の代表的なものですね。こちらもぬいぐるみと同じく相当の種類が販売されていますので、お子さんの好きなデザインのものはきっと見つかるはずです。細かい針の作業ですので、はじめは親御さんと一緒に作るのがいいでしょう。

小学校中学年くらいにおすすめな手芸キット

お子さんの夏休みの課題などに活躍する手芸キットですが、そのレベルはいろいろあります。今回は小学生の中学年くらいを対象に、やや複雑なものや少し針を使うような手芸キットを紹介していきます。
まずは手芸の中でもメジャーな編み物です。ただ、大人のように鉤針を使い根気よく糸を編むのは少し難しいので、ここで紹介するのは編み台という道具を使って行う編み物です。ニット帽作成用のキットなどがメジャーなものとして専門通販で購入できます。
次に紹介するのは、モールアートです。モールを曲げたりひねったりして小さなマスコットのような作品を作ります。簡単なように見えて、作ってみると意外に全体のバランスを考えたりと手先の器用さが必要な作業になります。キットに入っているのはモールそのものですが、作り方や細かい素材も入っているので、キットを購入した方が無難でしょう。
最後はキャンバス手芸です。キャンバス手芸とは、網目状に穴が開けられたプラスチックの小さな板に針で糸を刺して模様を作っていくものです。針は使いますが、作業自体は布を縫うというものではないので、縫い物より比較的安全に、かつ簡単に作品を作り上げることができます。手芸キットで作ることのできるものとしてはかばんやペン立てなどがあります。

● CONTENTS ●

TOP